前へ
次へ

クレジットカード現金化の方法のメリットとデメリット

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのキャッシング枠を使い切った場合で現金が必要なとき、ショッピング枠をつかってのクレジットカード現金化の方法です。一般的にクレジットカードはキャッシング枠が付いていますが、利息が高いうえにショッピング枠に比べて金額がすくないものです。ですから、キャッシング枠を使い切ってしまえば、それ以上はお金を借りることができなくなります。一方、ショッピング枠は相当な金額になりますから、これを利用して現金化するわけです。簡単に言ってしまうとショッピング枠で買物をして、それを売却することで現金に換えることがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化の方法は、主に二種類です。一つ目は、クレジットカード現金化に特化した専門業者に依頼し現金化する方法です。クレジットカードで時価が安い商品を購入するとキャッシュバックの特典が付いてくるといったものです。メリットとして、現金化は早い、時間は問わない、店舗に行かずパソコンやスマホで決済できる、一定の利率で現金が還元される、などを挙げることができます。しかし、これはデメリットでもあります。現金還元率は投資した商品に比べ低いと言えるでしょう。二つ目の方法は、自分で現金化できる商品を購入し、現金化する方法です。商品券やプリペイドを購入し金券ショップに売却する方法です。この方法のメリットは、専門業者を利用より、手間をかけて調べれば還元率が大きくなることです。逆にデメリットとして、専門業者に依頼するより時間がかかるうえ、確実性には欠けると言えます。さらに、クレジットカードの利用規約には換金性のない商品の購入が義務付けられていて、換金性のある商品の購入はクレジット取引の停止につながる危険性があります。こうしたメリットとデメリットを意識してクレジットカード現金化を行うことが重要です。

Page Top